« 小松 久さんから本が届きました。 | トップページ | 六甲枝垂れ(ろっこうしだれ) »

2010年10月15日 (金)

101010 大山登山報告02 当日

今日もまた、ダラダラ長いです。
山に興味のない人・めんどくさい方は、少ない写真と映像
・リンク先くらいを見て、ふ〜んで終わってくださいねσ(^^)。)

101009 大山登山報告01前日の続きです。

午前1時頃
雨の音で目が覚める。強く降ったり止んだりの繰り返し。
うとうとしながら・・・それでも、
午前2時30分頃、身支度を始め、登山口へ。
いつも止める道路横のスペースは、新しく歩道と柵が出来ていて置けない。
(昨日確認済み)
専用の無料駐車場へ置く。7割方、もう止まっている。

夏山登山道コース 午前4時前 登山開始
当然真っ暗。ヘッドランプを点ける。雨も降っている。
バンドのター○ーさんが言っていた、「雨の日の登山て、×ゲームみたいなモンですね!」って。
その言葉を思い出しつつ、「いろんな事がコレでチャラになるんなら、なんちゅうこたあ無い!」と言い聞かせ歩き続ける。昔から登山は「行」の一つ、頑張ってみるかー!少し時代を遡れば、大山は選ばれた僧侶だけが登れる信仰の山だし。
まあ、好きで登ってますけど(^_^;)

3合目あたり
雨の中歩いていると、雨でも雪でも山へ入っていた頃の記憶が蘇る。気分はとてもいい。真っ暗な中での登山も絶好調。(気が知れんやろね!^_^;)登りはじめは、前後に人の気配は無し。雨と風の音だけ。木のこすれる音が、笑い声に聞こえたり、真っ暗な山はちょっと不気味。

5合目あたり 
479
元谷コース合流地点 えらい天気や!(^_^;)

ランプを消し、見上げると、木々のシルエットが見える。少し明るくなり始めた。
もうランプも不要・・・歩きやすい。お天とうさんは有り難いねー!


6合目の非難小屋に着く。
489

ここで「第一山人」達に遭遇。神戸から来た6人の男子大学生に出会う。
無茶苦茶元気 ちょっと休憩して、直ぐ出発していった。
こちらも重い・太い腰を上げる。(^_^;

8合目あたり
10人くらいの女子大生 二組と、単独の数人と、外国の方とすれ違う。早朝組は、若い人と外国の人が多い。数年前も4人の若い外国の女性と出会った(モデルのような、長身の女性が4人)。明け方、霧の中から現れるとビックリすんでー!σ(^^)

490

雨はほとんど止んだものの、濃いガス・雲の中。斜面を駆け上がってくるガス・雲は以外と気持ちいい。しかし頂上に行くに連れ、風も強くなりとても寒い。

やっと頂上 9℃ 強風。とても寒い。
頂上のムービーありますが、指示通りやっても載せられず(×_×)。
06122
↑晴れてたらこんな感じ。注:数年前の画像。

強風の中30分程頂上に居ました。

下 山 天気に何の変化も無いので、下山する。
その頃には、中高年の団体・単独、家族連れ、高校生の団体等、来るわ!来るわ!。
元気な人や、ふらふらの人。「あ〜しんど!足重い。」「あ〜しんど!膝痛い。」とボヤキながら登ってくるどうみても関西人の二人。連れに「ほな帰れー!」とからかわれながら、みんな頑張っております。

マナー
登山者が増えてくると、狭いところでは、なかなか下りられない。マナーの良い団体のリーダーが居れば、「左・一人」と、メンバーに伝える。あとはうしろに伝言。要するに「左に全員よけてください。前から一人下りて来ます。」と言うことです。こちらは、挨拶とお礼を、最初と最後の人に言えばOK!! 一組だけ有った。
いつもは、元谷(大川寺)方面へ下りるのですが、景色も見えないので、(来た道)夏山登山道をそのまま下りる。

11時頃 登山口へ下山 
靴下とベタベタになったパ○ツを、ふる○○になって、車中で着替える。(誰か想像したんちゃう?)
画像有り!(無いわー!)σ(^◇^;)
土産もん屋で、大山牛乳150円を、腰に手を当て一人頂く。(なんら面白いこともなく)

こんな日に登るヤツは、変わり者かもしれませんが・・・、大勢居られます!山は決して、危ないモンでも、恐いモンでもありません。しんどいモンです!(ちゃうちゃう(¨;))リフレッシュできて、いい汗かけるのです!この秋、ハイキングなんてどうでしょう!地元の千が峰笠形あたり。ここで募集してみよか?たぶん0でしょうね!

下山後 サクちゃんとまさかの米子で合流!
下山途中連絡を取り、米子イオンの島村楽器前で待ち合わすことに。
(友達の結婚式(二次会)出席の為、帰省すると言っていたので。)
昼ご飯を一緒に食べて、現地解散。

帰 路
(11月に、この辺り別グループで来る予定、下見も兼ねる。)
ベタなお菓子の壽城  大山まきば みるくの里へ←ここお薦め ロケーション最高北に「弓ヶ浜」「南は大山」
ソフトクリームに行列が出来てた。

またまた米子道は使わず。
息坂峠を越し、9号線---(風力発電の設備とコナンの記念館があった)大栄町---白兎海岸---鳥取道---中国道---加西SA---加西IC---一般道---自宅(無事帰宅しました。)

最終 外灯のある最終のPA等で、車の荷物を整理分類してしまう。着替え・山の道具・お土産・食べ残しの食料や水・そしてゴミ(そんなに無いので、ここで捨てさせてもらう。高速代払ってるし・・・その代わり、缶コーヒーの一本でも買いましょう!:持って帰るのがマナーでしょう!と言う方はそうしましょう。)
帰宅してからでは、結構めんどくさい。

以上、ジタバタ生きるおっさんの2日間でした。
禅の教えでは「平常心是道」
(「道とはなんぞや!? 日々、淡々と生きること。」らしいです。)
とても出来ませんな!σ(^◇^;)

|

« 小松 久さんから本が届きました。 | トップページ | 六甲枝垂れ(ろっこうしだれ) »

コメント

ふ~ん・・・^^;

お、きれいな風景ですやん。
って、数年前のものってか。

一人で行って、
さぞかし楽しかったでしょ~・・・。

けど、たまには一人もエエですか・・・^^;

投稿: nagomuyoshi | 2010年10月15日 (金) 21時58分

たぶん3年前に携帯で撮った写真です。(^_^;)

最近は、nagomuyoshiさんなら、どんな風にどこを撮るんだろうと、撮る前に考えてしまいます。

綺麗な写真と
文章や説明
の繰り返しの方が、見やすいし…綺麗な写真はやっぱいいわ!

わたしゃその真逆やからねー!(T_T)

ダラダラ文章に、汚い画像。えらいすんません!(*^_^*)

画像はもう少し努力します(^_^;)。

そして大山。
年内リベンジ登山(^o^)/します。休みと天候が良ければ!
※海外まで行けないので、近場でうろちょろジタバタしま~す。
(うろちょろて、なに弁?(^_^;))

投稿: Meta安 | 2010年10月16日 (土) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1367479/37248795

この記事へのトラックバック一覧です: 101010 大山登山報告02 当日:

« 小松 久さんから本が届きました。 | トップページ | 六甲枝垂れ(ろっこうしだれ) »