« もうすぐ霧の季節 | トップページ | 最近のメタボックス »

2010年11月17日 (水)

霧の季節2

先日の「もうすぐ霧の季節」の第2弾、つづきです。

前回の、濃霧発生の季節、その上空の状態を・・・、
知っていた人も、予想外だった人も、まだ続きがありますよ。

西林寺の裏山(たぶん坂本城跡)この山を境に、
東側が「津万の里」(地球科学館が有る方。)
西側が「日野の里」(西脇健康ランドがある方。)

613
津万の里側 左奥が西光寺山 雲海の下は地球科学館

614
同時刻の日野の里側 もうすぐ霧も晴れます。
左奥が笠形山 右奥が千が峰 その前が妙見山

雲海を見ながら、しばらく居ると、
麓に住んでいる人には分からない、
この二つの町の、気候的な大きな違いが気になる〜!。

日野の里は、だいたい9時にもなれば、
霧はほとんど晴れてしまいます。

津万の里は、霧が濃い日だと、
11時頃まで霧が残る事があります。

日野では「ええ天気やなぁー!」言うてるのに、
津万では「えらい霧でんなー」言うてる事になります!
もしお互いに電話してたら、話が合わんがな!
低い山一つ隔てるだけで。

洗濯物一つとっても、乾きに大きな影響がありそうです。
主婦にとっては大きな違いやなぁ!やっぱ部屋乾しか?(^_^;

きっと、人体への影響もあるでしょうね!
ジメジメして健康の為に良くなさそうな気もするし、
湿気があって、喉のために良さそうな気もするし。
やっぱり、カラッとした健康に良さそうな、
洗濯物が良く乾く方に住んだ方がいいのか?
う〜ん、上から見てると「心配やー!」

たぶん、「誰もそんな心配していらん。」って言うやろね!σ(^^)
生まれてからずっと住んでる人は、
環境になれてるから問題ないでしょうし!
山一つ、谷一つで、全く環境が変わることは、
改めて知っておいてもいいのかもしれません。
日照時間、おてんとさんのあたり方は重要でしょう?!

まあ、こういうのを「大きなお世話」と世間では言うらしい。
放っといてんかぁ〜、「住めば都」って言うじゃな〜い!
でも、気になるぅ〜!σ(^◇^;) ま、ちょっとだけ!

更に追加情報(意外とまめやろ!σ(^^))
この西脇辺りで発生した霧が、滝野方面、南へ流れて行きます。
西脇で相当濃い霧なら、滝野の「光明寺」(加東市)の
駐車場からでも見られますよ。(早朝に限る)
山まで登れん!篠山は遠い!車の中から見たい!人は、
光明寺の駐車場へどうぞ!


|

« もうすぐ霧の季節 | トップページ | 最近のメタボックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1367479/37700529

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の季節2:

« もうすぐ霧の季節 | トップページ | 最近のメタボックス »