« 親戚の家の事とか | トップページ | 登山靴 »

2016年8月12日 (金)

笠形山

よ~く考えて~
結局「笠形山」へ行きました。(^^)/

(笠形山(かさがたやま)は、兵庫県神崎郡神河町と
多可郡多可町との境に位置する山です。
標高は939.4m。別名は播磨富士。)

では、登山口から頂上まで、画像で雰囲気を感じてくださいね!
「暑いだけやないか~!」と言わず。(^◇^)

林道を少し通って
Dsc00273


登山口
ここから入っていきます。
Dsc00274
すでに知り合いの車が止まっていました。

勝負滝
Dsc00281

竜が滝
Dsc00283
ここで知り合いが下りてこられました。

かつては、この山だけで、一年に60回近く登っていて、
笠形の常連さんと言われたものですが・・・、
今年は2回目かな?(^_^;)

で、滝の上って気になります?)^o^(
これです。
Dsc00287
意外と、ただの沢です。

これも
Dsc00290

こんな看板がちょこちょこあります。
Dsc00296

構わず歩きます。(^_^;)
登山道脇には、大きな岩もあります。
Dsc00298
時々崩れてきます。
一度5mほど前に、50㎝くらいの岩が落ちてきました。
気を付けて歩きます。

湧き水のところに到着。
Dsc00302
わざわざ知らずに汲みに来る人がありますが・・・上部を見ると、
半分沢の水が流れ込んでいるので、実はあまり綺麗でありません。
少し喉を潤す程度で・・・。

それでも涼しいのでここで休憩です。
その間、ぬるくなった缶コーヒーを冷やしたりして。
Dsc00303

大体この中にカニが居ます。
Dsc00306
2匹救出。出られないので。
カニの恩返し・・・は無いけど!(^_^;)

この後は、少し急登です。
250歩ほど歩いたら急登は終わり。
もう少し歩いて

尾根に出たら楽勝。
Dsc00311_2

ゴツゴツしたところを通り。
Dsc00313

ここを登れば展望の良いところに出ます。
Dsc00314
20年ほど前は、この岩も隙間が数センチでした。

数年前、ここを登りながら岩の上見たら、
マムシと目が合いました。(>_<)
それからは、岩に手を一つ付くのも慎重です。^_^;
この地域、熊はまあ出会いませんが、
山によっては、マムシとスズメバチとヒルに気をつけるくらいですね。

展望の良いところに出ました。
Dsc00315
笠形の常連さん?は、ここでゆっくりする人もあります。
頂上に一旦登って、登山者が多いと、ここへ下りてきます。
正面の一番奥の山は、千が峰です。

こんな岩も特徴です。
Dsc00321
他の山では、「板状節理」とか書いてあって、溶岩が冷えて・・・
とか書いてありますが、ここがどうかわわからないので、
よそで言わない様に!(^_^;)

もう少し登れば・・・

頂上に到着。(^.^)/~~~
Photo
北側の展望です。

Photo_2
南側の展望

頂上の気温は28.5℃
Dsc00324

涼しいとは言えませんが、真夏としては涼しめ!(^_^)v

赤とんぼも飛んでます。
Dsc00326

鹿は・・・
Dsc00325
落とし物みたいです!(^_^;)

山の日ですが、登山者は少なめ。
出会ったのは3人だけ。(全員単独)
この暑いのに物好きな(^_^;)・・・(訂正)熱心な方もあるものだ。(^_^)v

その中に、単独の女性が居られ、わたしと同じパターンでした。
今日は山の日とは言うものの、暑いのに絶対行くもんか!(これ前日)
朝起きたら、真夏の割には涼しい感じの空模様。
やっぱり行くかー!(^_^;)
普段は単独。ごくまれに仲間と。

私とまるっきり同じパターンです。(^_^;)

頂上で暫く話をして、
「また会いましょう!」と・・・先に下山しました。


それからそれから・・・
登山靴の底が、ついに両方剥がれてしまいました。(^_^;)
Dsc00335
もう中の、ウレタンみたいなものも、劣化しているようです。
20年履いた登山靴も、遂に新調しなければならないようです。

さて、今日もやっぱり暑くなってきました。
暑さに負けず、有意義に過ごしましょう!(^.^)/~~~

動画もfacebookに上げております。
気が向いたらみてください。(^_^;)

ここです。

|

« 親戚の家の事とか | トップページ | 登山靴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1367479/66959424

この記事へのトラックバック一覧です: 笠形山:

« 親戚の家の事とか | トップページ | 登山靴 »