山歩き・街歩き

2017年12月 5日 (火)

布引の滝2017.12.03

日曜日の「布引の滝」

毎年何回か行っている「布引の滝」
秋の間にと思っていたら(もう12月冬か!(^^;))
ちょっと遅めに行ってきました。

そこへ行く道中は・・・

西脇から神戸までは、自然いっぱいの道を通ります。(^^;)
つくはら湖のある「丹生山系」
Dsc00140
まだ秋らしい景色が楽しめました。


神戸北野 異人館界隈を歩いて
Dsc00162

Dsc00168
この時期、サンタが沢山出没しますよ!

「徳光院」を通り
Dsc00181


Dsc00177


Dsc00191
紅葉ももう終わりでしたが、少し残っているところを
無理矢理撮影してきました。(^^;)

こんな所を通って、新幹線の神戸駅の裏から20分程登れば、
布引の滝です。
Dsc00200

動画もあります。(^.^)/~~~
https://www.facebook.com/people/%E5%AE%89%E5%A5%BD%E6%9C%89%E5%8F%B8/100010910675671

オマケの世界一生木のクリスマスツリー
綺麗さで言えば・・・なんだかなぁ~。
Dsc00215

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

笠松山(兵庫県加西市)

(先週 FBだけに乗せて忘れていた内容です。(^^;))


日曜日は、(ちょっと遠出はできなかったので)
隣町加西市にある、笠松山へ行ってきました。
古法華自然公園(ふるぼっけしぜんこうえん)
の中にあります。

先ずは、綺麗な景色から。(頂上からの眺めです)
Dsc00080


続きは登り口に戻りま~す。

車でつり橋の下を通り、すぐ左の空スペースに車を置きます。
Dsc00043_2

Dsc00112
横の山道をちょっと登ればすぐ、つり橋の上です。(^.^)/~~~

Dsc00045

つり橋を渡りちょっと登ればもういい眺め。
正面には石仏があります。
Dsc00052
(これは古いモノなのかどうかは?ですが)

そして、この山の雰囲気を作り出しているのが、
この崩れた岩の感じです。
Dsc00062

登山道を歩いていても岩の崩れやすさの感じがわかります。
岩が剥がれるように滑り落ちるんですね。
そして割れやすい!
Dsc00089

Dsc00090


そんな中で、割れず、剥がれず残っている岩が・・・。
バランス悪そうですが、この丸い岩。
Dsc00054

その岩をバックに朝食。
ルートから少し外れているので、誰も来ません。(^^;)
Dsc00056
バナナと家でできた黒豆と栗が入ったおこわ。
クラッカーはこの前行った、曽爾高原の時の残り。
お味噌汁も家にあった。
コーヒーはカップインダイレクト。
一番やったらアカン入れ方やね。
時々ペーパーの糊がふやけて、全部カップの中に・・・(@_@)
歯で、イイーンしながら飲まんなん。(わかります?(^^;))

全部 家にあったもので、使ったお金はゼロ円。(^^)v

それから山の背骨みたいな岩
ちょっと盛り上がって、線が一本走っています。
Dsc00087

Dsc00088
地層でこうなるのかなあ。

頂上は木々の中やけど、展望台があって、
360°見渡せます。(^.^)/~~~
Dsc00084

これも、頂上からの景色です。
Dsc00073


国重要文化財 両脇侍像(りょうわきじぞう)
大事に鉄筋コンクリート製の建物の中にあって見れませんが、
案内板ならありました。
Dsc00099

以上 笠松山の自然いっぱいの山歩きでした。

さて~
今日はとてもいい天気なので、
おじいさんを載せて、車で出かけようかな?
と思う。(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

京都嵐山 つづき

京都嵐山 「天龍寺」の続きです。
(11月19日の日曜日の事)

山沿いのお寺「千光寺」
(渡月橋から1.4km位です。)

Dsc09950


Dsc09946


Dsc09940_2

高い室内から、トロッコ列車や桂川を眺められます。
この時期は紅葉もありますしね。(^.^)


「化野念仏寺」
(渡月橋まで戻り、さらに2.5km程歩きます。)

Dsc09979_2

Dsc09981

Dsc09990


Dsc09994


Dsc00012


Dsc00014_2

もう少し足を延ばして、
「愛宕山一の鳥居」界隈を歩きました。

そのすぐそばに江戸時代からあるという、
鮎料理「平野屋さん」と京料理「つたやさん」があります。


Dsc00031


Dsc00027

ちょっと敷居が高いので(^^;)チラ見して・・・、
ここで引き返して帰ります。(^^;)

今年で3回目のこのコース(家内は初めて)
歩行距離は10kmちょいで、ちょうどいい散策コースでした。(^^;)

皆さんは、今年紅葉狩りに行けましたか?

※わたくし今日は・・・
今日11月23日は、お歳暮を注文に行ったり、
買い物に出かけて、あとは家に居りました。(^.^)

いい天気だったのに・・・残念!(;^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

京都・紅葉

私事ですが・・・あっ、元々BLOGでしたね。(^^;)

先週の日曜日は、母の七回忌でした。

父も90歳を越え、最近急に弱りました。
10歩 歩いてはぜーぜー言い、
普段吸入器を付けています。

元気な時は、川へ鮎釣り・山へキノコ狩り・海釣りと、
じっとしていないタイプ・・・(私と一緒(^^;))だけに、
なかなか現実動けないのが厳しそうです。(>_<)


そんな中、今週は時間がとれたので、
日曜日家内と二人、「京都嵐山」へ行きました。

Dsc09900

画像は天竜寺。ちょうどいい時期でした。
門の入り口にも「見頃」と貼り紙してありました。

その代わり、人も多い!(^^;)

Dsc09931
※でも、まだ並んでいるのは少ない方ですね。

Dsc09893_2

これは入り口で迎えてくれる 達磨
Dsc09854

あとは、景色いろいろ。(^^)/~~~

Dsc09858


Dsc09888


Dsc09869


Dsc09922_2

Dsc09930

Dsc09894

山沿いのお寺「千光寺」では、
雨と共に、あられが降りました。
冬並みの寒さでした。(^^;)

あとは、「化野念仏寺」
愛宕神社の鳥居・平野屋さん界隈を歩きました。

これはまた、次のBLOGで!(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

京都(栂ノ尾)

栂ノ尾へ行って来ました。(11月3日の事)

京都は北の方(紅葉で有名な)高尾エリアの
一番奥が栂ノ尾(とがのお)です。

Sany0046

国宝「鳥獣人物戯画絵巻」で有名な
「高山寺」があります。世界遺産ですよ。(^.^)

石水院
Dsc00059

Dsc00067

Sany0026

Sany0012

柱 結構傷んでます。
Sany0011

金堂への参道
Dsc00063

金堂
Dsc00062

開山堂
Dsc00061

日本最古の茶園の石碑もありました。
Dsc00060
有名な宇治茶もここから植え替えられたお茶…らしい。

お昼ご飯は
Sany0044
アナゴの一本まるまる天丼(^^)v

Sany0040
清滝川沿いのお店

紅葉は見た通り、まだまだでした。

すぐ近くに、歩いて行ける
「西明寺」「神護寺」もあります。

綺麗に色づくと・・・こんなとこ来るもんじゃないよー!
人で人で大変!なんてね!(^^;)

今週末は、母の法事で・・・出かけるのは一回休み。(^-^;

紅葉はどうかなあ!?(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

立雲狭(10月29日の朝です)

先週の日曜日(10月29日の朝です)

雲海で有名になった「竹田城跡」の向いの山
「立雲狭」へ、下見(^^;)に行って来ました。(^^)/~~~

この日は雨(兵庫の南の方を台風が通過しておりました。) 

霧で出来る雲海ではなく、本当の雲!(^^;)

お馴染みの綺麗な雲海は見飽きたと思いますので(笑)

雨の立雲狭とそこから見える「竹田城跡」の画像です。

見えますか?(^^;)

その内、雲海のお写真をば載せるよー!(^_-)-☆
お出迎えのカエルは、手の平ほどあります。

「立雲狭」は、よく霧が立ち込めるだけあって、
苔むした、いい感じの山でした。(^^)v

※立雲狭への林道は、只今工事中。
 教習所より狭い道で、両側に棒が突き刺して会って、
 すれ違いが出来ない道がちょい続きます。
 自信のない人は・・・要注意!(^^)/~~~

Dsc09957

Dsc09920_2

Dsc09971

Dsc09924_2

Dsc09976

Dsc09932

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

奈良 最後

奈良 最後です。

西国三十三カ所観音霊場第7番札所
岡寺
岡寺と呼ばれていますが、正式には龍蓋寺

仁王門
Dsc00024

三重宝塔
Dsc00031

Dsc00032

そこからの景色
Dsc00036

誰も上がってこない山の方から(^^;)
本堂
Dsc00043_2

Dsc00051

黄色い曼殊沙華
Dsc00039


続きまして~

飛鳥寺
Dsc00064

ここは全部撮影OK
Dsc00067
他の神社仏閣ほとんど撮影禁止。
広めなければいけないのに、なんで撮影禁止なん?
拝観料も払ってるのに。(^^;)

さすが聖徳太子・・・か?(^_-)-☆

裏の田んぼから見た飛鳥寺
Dsc00077

反対側の景色はこんな感じ。
Dsc00074

写真奥の、丘まで歩きます。(車置いてる(^.^))
Dsc00062


無事一周してきました。

あと車で、
高松塚古墳を回って、このあと、
先に報告しましたが、曽爾高原へ行きました。

曽爾高原のあとは、奈良へ。
夜中まで奈良駅界隈で、次の日の未明神戸へ移動しました。

※高松塚古墳は、撮影禁止ですし、
 神戸は特に報告することも無いので・・・(^^;)
以上が、私の三日間の野外活動でした。(^^)/~~~

なんの為にもならない内容、
最後まで見て頂いてありがとうございました。

今週末の土曜日21日は、
かとうかなこ さんのライヴです。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良つづき 石舞台古墳

奈良 橘寺続きです。
橘寺の時言うのを忘れていましたが、
拝観時間の9時より少し早く着くと、
車が2台止まっていました。
どちらも神戸ナンバーでした。

「私も神戸ナンバー!3人とも?」ってちょっと話をしました。
兵庫県人 せっかちな様です。(^^;)
※ここは駐車場無料です。

橘寺の後は・・・

石舞台古墳
濠に囲まれた、日本最大級の方墳。
25年ほど前と、45年ほど前に行ったので3回目かな!?

初めて来た時は、田園の中の小さな売店で
チケットを販売しているところがあっただけでしたが、
今は有料の大きな駐車場や、お食事処みたいなものが出来、
観光地化されています。当時は、駐車場も無料でした。

その名残りか、早ければ無料の駐車場が空いているときがあります。
先ずは、一番奥の駐車場まで行ってみてください。(^^)v

入場は有料250円

Dsc00009


Dsc00016


Dsc00015


Dsc00014


Dsc00013


Dsc00010

史跡の詳しい事は、「NET見ろ!」って事で!(^_-)-☆

見て! 感じて!「なんや知らんけど、いいね!」(^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

奈良 ・・・明日香の里

曽爾高原の前日(10/7)は、

飛鳥路散策でした。

少しずつ載せていきます。(^.^)

西脇を早朝に出て、大阪を通り抜け奈良へ!

甘樫丘展望台へ到着(そこからの景色です。)
Dsc09952
ここの無料駐車場に置いて・・・歩きます。

「亀石」を見て~。
Dsc09963
中学生の頃、この前をレンタサイクルで走った覚えがあります!(^^;)

そして「橘寺」
聖徳太子生誕の地と言われているそうな。
Dsc09973

稲穂が綺麗です。

Dsc09974

Dsc09986

本堂
Dsc00003

Dsc09980

Dsc09991


二面石
Dsc00001

Dsc09998

Dsc09997

Dsc09996

Dsc09989

仏像や天井の絵等は撮影禁止ですので、
池とか花とか・・・画像はこんな感じです。(^^;)

以上
「橘寺」でした。(^^)v

この後は、「石舞台」へ!(^^)/~~~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

三日間奈良へ

三日間、車中泊2日で、奈良に行っていました。(^.^)

この内容は、曽爾高原(奈良)へ行った日のモノです。
FBに先に上げましたが、こちらの方が写真多めです。(^.^)

先ず、画像を一つ。
00dsc00131
少し上ったところからの早朝の写真です。

この日の曽爾高原は雨上がりでしたが、
霧・雲海が綺麗だったり、たちまち何も見えなくなったり、
その後、暑いくらいの快晴・・・・・・・、
色んな景色を楽しめました。(^^)v

残りの写真いろいろ載せますね。

00dsc00123

01dsc00126
高原へ入ってしばらくしたところ。

00dsc00130
一枚目と同じ頃の写真 

00dsc00132
風が出て、霧が舞い上がり何も見えなくなったり。

00dsc00151
また見えたり。

01dsc00150
宿泊施設で合宿中の大勢の子供たちが朝食前に散策中。

00dsc00160
ザックの中のもの並べて・・・朝食です。
もう一人だと、お湯を沸かしたりはしなくなりました。(^^;)

朝食を済ませた後は・・・

景色を眺めた後、目指すところは、倶留尊山1,037m
歩き始めから、1時間30分くらいの行程です。

最後の一枚は、曽爾高原の反対側、ルート途中の西側です。
00dsc00172

頂上へ着いた後は、霧も晴れ、快晴になり、
太陽と風で、ススキの穂も開いて綺麗になりました。
※ここでまたもやデジカメ不調。
 レンズカバーの開け閉めを頻繁にし、
 酷使した、工程の終盤によくなるようです。
 快晴の、景色が全く撮れていません。
 元々中古ですし。(>_<)

次に、デジカメ変える時は・・・
いっそスマホかなと!? いまだにガラケイです。(^^;)

以上、曽爾高原でした。
前日、明日香村を歩いたので、それはまた後日の予定です。(^^)v

曽爾高原は、これからの秋の夕景が素晴らしいそうですが、
昼前から、駐車場まで渋滞だし、
朝か夕方か、なかなか時間帯を選ぶのが難しそうです。

※オマケ 今日の西脇も霧です。
 おそらく雲海が楽しめそうですよ!(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧